請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟の身分証明書等必要種類は弁護士に相談

B型肝炎訴訟では、対象者がすでに亡くなっていても遺族が給付金を受給できる場合もあります。しかし、そのためには身分証明書など各種必要書類を提出しなければなりません。

なかなか揃えることが難しい事もあるので、そういった遺族のB型肝炎訴訟はもちろん、本人が請求する場合でも弁護士に相談するのが間違いないでしょう。

弁護士事務所に相談すると費用が掛かるのでは?と言う心配もあるかもしれませんが、多くの弁護士事務所ではB型肝炎給付金が支払われた場合にのみ支払えばよく、費用は給付金の8パーセントですがそのうちの4パーセントは国から支給されます。

ですから、実際の依頼者の負担は4パーセントで済むのです。

B型肝炎給付金の認定は裁判所でされます

ここ日本においてB型肝炎維持感染者は推計110万人から140万人とされています。その多くは幼少期に国の推奨で集団予防接種を受けた際に、連続で注射器を使用されたことにより感染しました。

国ではこれらによりB型肝炎ウイルスに感染された方と、その方から母子感染された方々に対して病態に応じて給付金を支給しています。

ではB型肝炎給付金を受け取るためにはどのような書類が必要でしょうか。

B型肝炎ウイルスに感染していることの診断書があります。手続きとしてはその給付の認定をするため、裁判所においてさまざまな要件を確認していきます。B型肝炎給付金を受け取るための手続きは難しく感じることがありますが、無料で相談に応じてくれる法律事務所が多くありますので、インターネットなどで検索してみることをお勧めします。

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.