請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎患者が存在する裁判の訴訟費用

訴訟を起こすのには費用がかかります。ウィルス性肝炎であるB型肝炎は、日本国内に多くの患者が存在していると予想されます。

各地で訴訟が起こっていて、弁護士が先頭になって活動しています。もし、B型肝炎で悩んでおられるなら、一度、弁護士に相談してみましょう。

相談方法が分からなければ、まずは各都道府県にある法テラスに相談してみましょう。相談先を案内してくれます。

訴訟を起こすには当然訴訟費用がかかります。通常は個人が負担するものですが、場合によっては、訴訟費用が支給されるケースもあるのでB型肝炎なら、まず相談が第一です。

B型肝炎訴訟は感染後20年以内に

昭和23年から45年ほどの間、すべての国民は法律のために、幼少期に集団予防接種を受けていました。その際に注射器の使い回しが原因で約40数万人の人がB型肝炎ウイルスに感染し、発症の不安や慢性肝炎、肝硬変などで苦しみました。

2008年より、全国10の地裁で被害者が集団で提訴していたのがB型肝炎訴訟です。2011年6月末、国の正式な謝罪を受け、国と全国原告団及び全国弁護士団との間で基本合意が調印されました。その結果、集団予防接種でB型肝炎ウイルスに感染した人やその家族に国から賠償金が支払われることになりました。

しかし感染後20年以上経過していると、B型肝炎訴訟給付金の金額が大幅に減ります。治療中の慢性肝炎の場合、1250万円が300万円に、無症候キャリアの場合は600万円が50万円に減額されます。

国がすべて非を認めていますので、個人でB型肝炎訴訟をおこさなくても弁護士が訴状の作成や裁判所への出廷を代行します。感染後20年が経過しないように、早めに弁護士事務所に行って相談してください。

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.