請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎の原因と免疫抑制薬について

B型肝炎の原因と免疫抑制薬について

肝臓は、人体に有害な成分を解毒したり、排泄をする重要な役割をしています。肝臓の機能が低下すると、体に様々な不調を感じることが多くなります。

B型肝炎の原因は、キャリア(ウイルスに感染している人)の母親から子供に感染する場合や、性交渉を持つことで感染することが多いです。

B型肝炎は、免疫抑制薬や抗がん剤などを使った治療を受けることで、発症してしまうことがあります。体のだるさを感じたり、ぐっすりと眠っても翌日に疲労が残っている、吐き気などの症状が見られる場合は病院で検査を受ける必要があります。

他の病気の治療を受けると、B型肝炎が発症してしまう場合があるので、キャリアや既感染者は注意をするようにして下さい。

B型肝炎給付金と医療記録について

B型肝炎給付金を受け取る際には、医療記録などの書類が必要となるため、早いうちにかかりつけの医師に相談を持ち掛けることが大切です。

現在のところ、B型肝炎給付金の内容について、ネット上で大々的に取り上げられる機会が増えており、少しでも迷っていることがある場合には、同じような状況にある人から積極的にアドバイスを受けることが良いでしょう。また、医療記録の記載事項に関しては、それぞれの医師の判断によって、大きな違いが出ることがあるため、いざという時に備えて、主治医とコミュニケーションを図ることがおすすめです。

B型肝炎給付金、その額は?

幼い頃に受けた集団予防接種などでB型肝炎ウィルスに感染した人に支給されるB型肝炎給付金は、病態によってその額が変わります。例えば、感染後20年経過しても何の症状も出ていない無症候性キャリアの人には、給付金が50万円と検査費用などが、感染後20年を経過していない無症候性キャリアの人には、給付金が600万円支給されます。

慢性B型肝炎を発症して20年が経過していても、現在治療中ではない人には給付金150万円支給されます。20年を経過して現在治療中の人には、給付金300万円、20年を経過していない人には、給付金1250万円が支給されます。

B型肝炎給付金、事実を知って

B型肝炎訴訟問題は、厚生労働省の管轄です。同省が2011年に実施した推計では、国内のB型肝炎ウィルスの感染者は110万から140万人だと分かっています。この中で、救済の対象となる集団予防接種などでB型肝炎ウィルスに感染した人の数は、最大で40万人を超えるとされています。

しかしながら、実際に訴訟を起こした原告の数は全国で約2万3千人しかいません。更に、B型肝炎給付金を受け取ることができる和解に至ったのは、約1万7千人です。全国B型肝炎訴訟大阪弁護団が提訴した原告は、4361人ですが、まだまだ救済を必要としている人がいます。

大阪の法律事務所

大阪梅田駅近くにも多くの弁護士事務所や法律事務所があります。交通アクセスが良い駅近くであれば会社帰りに相談によることも可能です。

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.