請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

弁護士にB型肝炎訴訟を依頼できる年齢

様々な問題になっているB型肝炎訴訟ですがこれには年齢の制限があります。

弁護士にB型肝炎訴訟を依頼する際はご自身が条件を満たしているか確かめましょう。その年齢というのは昭和16年の7月2日から昭和63年1月27日生まれの方が対象になります。

それ以外に訴訟出来るのはB型肝炎が原因でお亡くなりになってしまった方のご遺族もする事が出来ます。

B型肝炎訴訟はあくまで個人でもする事は出来ますが、弁護士に依頼する事により、確実に行う事や迅速に手続する事が出来るので不安などある方は一度弁護士等に相談してから行う事をお勧めします。

症状に応じて最大3600万円のB型肝炎給付金とは

B型肝炎給付金について、ご存知でしょうか?B型肝炎給付金とは、7歳までの間で、昭和23年から昭和63年の間に受けた学校の集団予防接種などで、B型肝炎のウイルスに感染した方に支給される給付金のことです。本人の他、本人から母子感染した方や相続対象者にも給付金を申請する資格があり、病気の症状に応じて、50万円から3600万円の給付金が受け取れます。

B型肝炎給付金は、自動的に支給されるものではありません。受け取るためには、まず、国を相手の訴訟を起こして和解を成立させ、国と和解調書という書類を取り交わす必要があります。この書類と申請書を社会保険診療報酬支払基金に提出して、それでようやく給付金の申請となります。また、申請には期限があり、平成34年1月12日までとなっています。

法律知識があった方が、訴訟から申請までをスムーズに行えますので、B型肝炎給付金の申請については、弁護士や法律事務所に相談される方が多いです。

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.