請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟を考える

裁判所に対してB型肝炎訴訟を行い、結果として和解となり救済してもらう事ができた人はたくさんいます。

しかし、それには予防接種に使用した注射針が連続して使用された事が直接の原因となってB型肝炎になったという事を証明する必要があります。訴訟の際には、それらを証明するための書類などの提示を求められる事も多いかと思います。

そこで、これからB型肝炎の訴訟を考えているという場合には、ぜひ事前に必要な書類を確認して、すぐに提示できる様に用意しておくといいかと思います。

すべての書類が用意できなくても、一部の書類や他の証拠があれば、認められるケースというのもあるそうです。無事に和解が成立するといいですね。

おすすめ

おすすめ情報のご紹介。

B型肝炎訴訟で給付金が支給される

現在、日本国内では数多くのB型肝炎訴訟がおこなわれており、法的な手続きを取ることによって給付金が支給されています。この肝炎の感染は集団予防接種などにおいて、他人に使用した注射針や注射針を連続で使用したことが原因とされています。

このB型肝炎の感染者は日本国内に推計110万人から140万人いるとされており、そのうち昭和23年から昭和63年時の集団予防接種で感染した人々はおよそ40万人とされています。

それらのB型肝炎に感染した方、およびその方から母子感染した子供、さらにはその方たちの相続人までを対象として、B型肝炎訴訟で給付金が支給されているのです。

B型肝炎の予防接種は必要か

B型肝炎は3歳までに感染すると慢性化しやすく、肝臓がんのリスクが高くなります。性交渉で感染するだけでなく、母子感染の可能性がありますし、唾液や血液から感染するケースもあるため、確実に予防したいなら予防接種が必要になります。

これまでも母子感染が疑われる場合には、B型肝炎ワクチンの予防接種が公費補助で受けられました。2016年10月からはすべての0歳児に対し、無料の定期接種になることが決まっています。接種時期は生後2か月からで、0歳の間に3回の予防接種を受ければ、肝臓がんの予防にもなるとされています。

B型肝炎訴訟においてサポートを受けるには

日本国内におけるB型肝炎維持感染者は推計110万人から140万人とも言われています。幼少期に受けた国による集団予防接種で注射器が連続使用されたことが原因で多くの方は感染されました。そしてB型肝炎ウイルスに維持感染された方々が国に対し損害賠償を求め、B型肝炎訴訟になっています。

国に対する訴訟ですのでなかなか自分一人では難しく感じたり心細く感じたりするものですが、B型肝炎訴訟において多くの法律事務所や弁護士が無料で相談に応じくださり、サポートしてもらえます。

B型肝炎訴訟を中心に取り組んでいる会社も多く存在しますので、一度ウェブサイトを調べてみることをお勧めします。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.