請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟の特別措置法の期間

B型肝炎訴訟の特別措置法の期間

B型肝炎訴訟に関して、平成24年には政府によって特別措置法が執行されました。しかし、現在まで受給が出来ている人は対象者に対してかなり下回っています。

特別措置法による救済期間は、平成24年1月13日から、平成29年1月12日までの5年を目途とされています。B型肝炎の給付金請求に関しての相談は、弁護士に任せることでスムーズに行ってくれます。

病状や通院歴を聞き出して、給付金が受け取れる可能性があるかを無料で相談に応じてくれて、受け取れる場合は請求に必要な書類についての説明と査定を行ってくれます。

全て任せることが出来るので、少しでも疑いがある場合は相談してみるとよいでしょう。

大阪の法律事務所

大阪梅田駅近くにも多くの弁護士事務所や法律事務所があります。交通アクセスが良い駅近くであれば会社帰りに相談によることも可能です。

B型肝炎訴訟で被害者がすべきこと

集団予防接種が原因でB型肝炎を発症した場合、その状態の程度において、国から損害賠償請求を行うことができます。ただ、そのためには被害者自らが国を相手にB型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

国を相手にB型肝炎訴訟というと、大変そうに感じるかもしれませんが、これは形だけのことで、結果をすでに決まっているのですからそれほど心配することはありません。

すべて専門の弁護士さんなどを通してB型肝炎訴訟起こすことができるので、指示された通りに手続きを行っていけば大丈夫です。今まで発病していない状態でも請求可能です。

給付金のためにB型肝炎訴訟を

給付金を受けたいと思っているなら、B型肝炎訴訟を起こさなければなりません。起こしていない場合には、受け取る権利がなくなっていると判断してください。せっかく受け取れるチャンスを貰っているのに、そのチャンスがなくなっているのはとても残念なことです。

なるべく安心できる状態にしておきたいですし、治療費にも活かせる方法でもありますから、給付のために頑張っていくことが大事になります。B型肝炎訴訟は、難しいように思われるかもしれませんが、弁護士がサポートしてくれる部分も多く、任せておけば殆ど終わっていることも多くなっています。

B型肝炎訴訟には弁護士費用の保証がある?

B型肝炎訴訟を起こそうと思った時にできれば弁護士に依頼をしたいなと考える人がほとんどだと思います。人生で訴訟をするという経験は中々するのではありませんし、どういう風に進めていくのか全くわからないという人も多いと思います。

しかし弁護士に頼むと費用が高いのだろうなと頼むのを躊躇してしまう人もいるかもしれません。しかし安心してください。実はB型肝炎訴訟に関しては国から弁護士の依頼費用の4割の補助金が出ることになっています。これらはもし和解が成立したとして、それと別に支給されることになっています。全体の4割負担してもらえるのであればかなり大きいのではないでしょうか?

メニュー

B型肝炎原因と訴訟HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.