請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟の特別措置法の期間

B型肝炎訴訟に関して、平成24年には政府によって特別措置法が執行されました。しかし、現在まで受給が出来ている人は対象者に対してかなり下回っています。

特別措置法による救済期間は、平成24年1月13日から、平成29年1月12日までの5年を目途とされています。B型肝炎の給付金請求に関しての相談は、弁護士に任せることでスムーズに行ってくれます。

病状や通院歴を聞き出して、給付金が受け取れる可能性があるかを無料で相談に応じてくれて、受け取れる場合は請求に必要な書類についての説明と査定を行ってくれます。

全て任せることが出来るので、少しでも疑いがある場合は相談してみるとよいでしょう。

B型肝炎給付金の相談
注目の記事。

おすすめ

おすすめ本文です。

B型肝炎訴訟で被害者がすべきこと

集団予防接種が原因でB型肝炎を発症した場合、その状態の程度において、国から損害賠償請求を行うことができます。ただ、そのためには被害者自らが国を相手にB型肝炎訴訟を起こさなければなりません。

国を相手にB型肝炎訴訟というと、大変そうに感じるかもしれませんが、これは形だけのことで、結果をすでに決まっているのですからそれほど心配することはありません。

すべて専門の弁護士さんなどを通してB型肝炎訴訟起こすことができるので、指示された通りに手続きを行っていけば大丈夫です。今まで発病していない状態でも請求可能です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.