請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP B型肝炎訴訟 B型肝炎の主原因と予防接種の副反応とは

B型肝炎の主原因と予防接種の副反応とは

B型肝炎は感染力がとても強い反面、感染しても表立った症状が表れないままウイルスを保持してしまうこともあります。

キャリア(B型肝炎ウイルスに感染している人)になると、何かのタイミングで検査を行わないと自分が感染していることに気付かないことも多く、血液や体液が感染原因になりますので、知らぬうちにパートナーから感染してしまうことも少なくありません。

予防するには、ワクチンの接種が有効です。吐き気やめまい等の軽い副反応が見られますが、一時的です。罹患後に肝硬変になったりガンになることの方がよほど恐いので、B型肝炎の感染リスクを下げるためには予防接種することが大切です。

B型肝炎給付金を受け取るまでの手続き

日本国内におけるB型肝炎ウイルスの維持感染者は推計140万人言われています。このうち昭和23年から63年までに受けた集団予防接種などの際に、注射器が連続使用されたことによりB型肝炎ウイルスに感染した人は40万人にのぼるとも言われています。

過去の訴訟において要件の充足が認定されれば法定のB型肝炎給付金が国から支払われることができています。その給付金を受け取るためにどんな手続きや書類が必要なのでしょうか。

B型肝炎ウイルスの維持感染している診断書や、一次感染者また二次感染者であることを証明する書類が必要です。このほかにも確認しておくべきポイントがありますので、インターネットなどでB型肝炎給付金について調べてみるなら多くの情報を入手することができるでしょう。

B型肝炎給付金の申請は一次感染と二次感染で必要書類が違う

B型肝炎給付金の申請時に必要な書類などは、一次感染と二次感染とでは大きく異なります。一次感染者に必要な書類としては、感染を示す血液証明の書類や生年月日を始め、集団予防接種を受けた母子手帳などの証明書、母子感染ではないと証明できる書類です。

二次感染は、母親が一次感染と証明できる書類と本人が感染者である証明書、母子感染であることを証明できる資料です。これらの書類は、個人で集めることもできますが、裁判所に出廷しなければならないなど、時間に余裕がない場合もあります。そのときは、弁護士に依頼するとサポートを行ってくれます。

大阪の法律事務所

大阪梅田駅近くにも多くの弁護士事務所や法律事務所があります。交通アクセスが良い駅近くであれば会社帰りに相談によることも可能です。

B型肝炎給付金、疑問があっても大丈夫

B型肝炎給付金の話題は、たびたびテレビでも取り上げられています。その背景には、給付金の受け取りができる人の数が最大で約40数万人といわれているにもかかわらず、実際に訴訟を経て給付金の受け取りをする人が少ないこともあります。

また請求には期限があり、平成34年に迫っていることもあります。請求には、必要な書類を集めて手続きを進めていかなければなりません。ケースごとに必要書類が異なります。疑問があれば、B型肝炎問題に詳しい弁護士に相談することが一番です。地域ごとに弁護団を結成している場合もあり、よりスムーズに手続きが進められるでしょう。

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.