請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?

B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?

B型肝炎訴訟の給付金請求の手続きを行い、裁判所から認定を受けると、和解金の支払いを受けることになります。

和解の金額は死亡や肝硬変などの重篤な症状を起こした場合は3,600万円、感染はしているが症状は出ていない場合は600万円など、B型肝炎に感染した際の症状の重さや除斥期間の有無によって異なります。

B型肝炎の和解金に対する税金ですが、見舞金に該当しているため非課税です。

また、B型肝炎感染者の遺族が請求した場合に対しても、相続税などはかからず相続財産には当たらないとされていて、このことからB型肝炎給付金は、課税の対象外であることが分かります。

B型肝炎訴訟に必要な検査が受けられる場所

B型肝炎訴訟を提起するためには、B型肝炎ウイルスのキャリアであることを示す検査結果が記載されている書類が必要となります。この書類は基本的に、血液を調べてもらうことができる医療機関であればどこでも作成してもらえるので、最寄りの病院や診療所、保健所、検診センターなどで検査を受けましょう。

なお、病院で調べてもらうと、B型肝炎の症状の進行具合も調べてもらうことができ、これもB型肝炎訴訟における有効な資料となります。

また、医療機関で血液を調べてもらう場合、すでにB型肝炎の症状がでている場合とまだ出ていない場合では、料金が異なります。前者の場合は治療の一環とみなされて保険が適用されますが、後者は定期健康診断などと同様の位置づけとなるため費用は全額自己負担となるので注意が必要です。

B型肝炎訴訟とその経緯

幼少期に受けた集団予防接種でおこなわれた注射器の連続使用が原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまった方は、国内に40万人以上いるといわれています。また、持病感染してしまっている方の多くは、母親がB型肝炎ウイルスの感染者で、出産時に母子感染してしまったことが原因です。

このような方々が国に損害賠償を請求することを、B型肝炎訴訟といいます。一定の証拠があれば認定されるので、通常の訴訟と違って裁判官の判断に左右されることが少なく、予測も立てやすくなっているのが特徴です。一次感染、二次感染ともに、集団予防接種が感染の原因であることが前提となっています。

大阪の法律事務所

大阪梅田駅近くにも多くの弁護士事務所や法律事務所があります。交通アクセスが良い駅近くであれば会社帰りに相談によることも可能です。

B型肝炎訴訟はなにか

日本は、昭和23年以降全ての国民と住民が法律に則り、幼少期の集団予防接種を強制していました。その時に注射器の使いまわしによって、40数万がB型肺炎ウイルスに感染してしまい、これら感染者が慢性肝炎、肺がんなどの病気で苦しんでいました。

これらの被害者が国によって保障を受けることが出来るように求めた裁判がB型肝炎訴訟です。裁判所がこれらの訴えを認め、国との間に基本合意が成立しました。基本合意によって多くの人が裁判を起こし給付金を受け取っています。給付金を受け取るには期限がありますので、注意が必要です。

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.