請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎訴訟の和解金は税金がかかる?

B型肝炎訴訟の給付金請求の手続きを行い、裁判所から認定を受けると、和解金の支払いを受けることになります。

和解の金額は死亡や肝硬変などの重篤な症状を起こした場合は3,600万円、感染はしているが症状は出ていない場合は600万円など、B型肝炎に感染した際の症状の重さや除斥期間の有無によって異なります。

B型肝炎の和解金に対する税金ですが、見舞金に該当しているため非課税です。

また、B型肝炎感染者の遺族が請求した場合に対しても、相続税などはかからず相続財産には当たらないとされていて、このことからB型肝炎訴訟の給付金は、課税の対象外であることが分かります。

B型肝炎訴訟に必要な検査が受けられる場所

B型肝炎訴訟を提起するためには、B型肝炎ウイルスのキャリアであることを示す検査結果が記載されている書類が必要となります。この書類は基本的に、血液を調べてもらうことができる医療機関であればどこでも作成してもらえるので、最寄りの病院や診療所、保健所、検診センターなどで検査を受けましょう。

なお、病院で調べてもらうと、B型肝炎の症状の進行具合も調べてもらうことができ、これもB型肝炎訴訟における有効な資料となります。

また、医療機関で血液を調べてもらう場合、すでにB型肝炎の症状がでている場合とまだ出ていない場合では、料金が異なります。前者の場合は治療の一環とみなされて保険が適用されますが、後者は定期健康診断などと同様の位置づけとなるため費用は全額自己負担となるので注意が必要です。

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.