請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

B型肝炎の原因と予防接種による副作用

B型肝炎ウィルスは感染力がとても強く、感染直後に症状が表れなくても、肝臓にすみついて将来的に肝硬変や肝臓がんをおこす可能性があります。血液や体液、涙、汗、よだれ等が感染原因になりますので、日常生活を送る上でもうつる可能性はあります。

B型肝炎はワクチンを接種することで予防できますが、数日間程度続く副作用もあります。具体的な症状は、接種箇所の痛みや関節痛、吐き気、めまいです。いずれにしても重い症状ではありませんので、過度な心配は無用です。中には、アナフィラキシー等の重篤な症状が出るケースもありますが、非常に稀です。

B型肝炎訴訟について

B型肝炎の訴訟費用はその証明によって違います。つまりは証拠を集めることができれば、費用が低くなるということですね。証拠というものは大切なものです。

B型肝炎のような大きな裁判でも、訴訟費用にその証明は関わってきます。B型肝炎の訴訟費用とその証明は大切なものであり、絶対に必要なものなのです。

B型肝炎で、そうした証拠を集めるのは、まずは医者によって診断書を集めてくることが大切になります。そして、自分にとって有利な診断書を手に入れてください。

感染経路がわかるものも集めていくといいです。そうした事実が力になるのです。

B型肝炎給付金の対象者で給付が受けられる人

B型肝炎給付金とは、集団予防接種を受けた際に、注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人やその家族に支払われる国からの損害賠償金です。

次の4つの条件に該当する人がB型肝炎給付金を受けることができます。
①、集団予防接種で感染した人の場合は、生年月日が1941年7月から1988年1月の間の人。
②、満7歳までに予防接種やツベルクリン反応を受けた人
③、B型肝炎ウイルスに感染している人
④、予防接種以外の感染原因がない人

と、なっています。母子感染した人は、母親が上の条件に該当し、B型肝炎ウイルスに感染している人、母子感染以外の感染原因がない人と、なっています。給付金の手続きは書類の作成などが大変だというイメージを持つ人が多いようですが、訴状などの作成や裁判所への出廷はすべて弁護士が代行します。

対象者は、まずは弁護士に相談してください。脂肪肝や肝臓がんや重度の肝硬変の人は3600万円、慢性肝炎の人は1250万円が給付されます。

おすすめ

おすすめ本文です。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.