請求手続きをすることで国からB型肝炎給付金を受け取ることができるかもしれません。

TOP 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎給付金 大阪 B型肝炎の原因と予防接種による副作用

目次

  1. B型肝炎の原因と予防接種による副作用
  2. B型肝炎訴訟について
  3. B型肝炎給付金の対象者で給付が受けられる人
  4. B型肝炎給付金、対象者に幅あり
  5. B型肝炎給付金対象者について
  6. B型肝炎訴訟でより多くの給付金を得たいなら
  7. 弁護団を選んでB型肝炎訴訟を相談

B型肝炎の原因と予防接種による副作用

B型肝炎ウィルスは感染力がとても強く、感染直後に症状が表れなくても、肝臓にすみついて将来的に肝硬変や肝臓がんをおこす可能性があります。血液や体液、涙、汗、よだれ等が感染原因になりますので、日常生活を送る上でもうつる可能性はあります。

B型肝炎はワクチンを接種することで予防できますが、数日間程度続く副作用もあります。具体的な症状は、接種箇所の痛みや関節痛、吐き気、めまいです。いずれにしても重い症状ではありませんので、過度な心配は無用です。中には、アナフィラキシー等の重篤な症状が出るケースもありますが、非常に稀です。

B型肝炎訴訟について

B型肝炎の訴訟費用はその証明によって違います。つまりは証拠を集めることができれば、費用が低くなるということですね。証拠というものは大切なものです。

B型肝炎のような大きな裁判でも、訴訟費用にその証明は関わってきます。B型肝炎訴訟費用とその証明は大切なものであり、絶対に必要なものなのです。

B型肝炎で、そうした証拠を集めるのは、まずは医者によって診断書を集めてくることが大切になります。そして、自分にとって有利な診断書を手に入れてください。

感染経路がわかるものも集めていくといいです。そうした事実が力になるのです。

B型肝炎給付金の対象者で給付が受けられる人

B型肝炎給付金とは、集団予防接種を受けた際に、注射器の使いまわしが原因でB型肝炎ウイルスに感染した人やその家族に支払われる国からの損害賠償金です。

次の4つの条件に該当する人がB型肝炎給付金を受けることができます。
①、集団予防接種で感染した人の場合は、生年月日が1941年7月から1988年1月の間の人。
②、満7歳までに予防接種やツベルクリン反応を受けた人
③、B型肝炎ウイルスに感染している人
④、予防接種以外の感染原因がない人

と、なっています。母子感染した人は、母親が上の条件に該当し、B型肝炎ウイルスに感染している人、母子感染以外の感染原因がない人と、なっています。給付金の手続きは書類の作成などが大変だというイメージを持つ人が多いようですが、訴状などの作成や裁判所への出廷はすべて弁護士が代行します。

対象者は、まずは弁護士に相談してください。脂肪肝や肝臓がんや重度の肝硬変の人は3600万円、慢性肝炎の人は1250万円が給付されます。

B型肝炎給付金、対象者に幅あり

B型肝炎給付金は、国の特別措置法に基づき支払われる損害賠償金のことです。昭和16年7月2日以降、昭和63年1月27日までに生まれ、満7歳までという幼い時に集団予防接種を受けたことでB型肝炎ウィルスに感染した人が対象です。

これらの一次感染者だけでなく、母親から子供に感染した母子感染の二次感染者を含みます。この他、感染した後20年を経過したかどうか、どのような症状があるかが問われます。感染した後20年が経過しても、何の症状も出ない場合も含まれます。手続きも必要書類も、ケースに応じて異なりますので、注意が必要です。

B型肝炎給付金対象者について

B型肝炎給付金は、B型肝炎ウィルスの感染経路が持続感染だった場合、対象者は日本国政府より給付金を受給出来る制度のことです。ただ、該当者だからと言ってすぐに受給できるというものではなく、実際受給までには様々な手順を踏まなければなりません。

B型肝炎ウィルスにかかった対象者である事を証明し、裁判所に訴訟後、国との和解交渉を経て初めて受給ができます。対象者は、集団予防接種により感染した一次感染者と、親族が一次感染者であるため自身も感染した二次感染者となります。B型肝炎給付金訴訟の手続きを決められた手順で行い、病状ごとに一定の金額が受給出来ます。

B型肝炎訴訟でより多くの給付金を得たいなら

昔の集団予防接種によりB型肝炎になった方は少なくありません。大きな症状が出ていない方も多くいるようです。私の周りにはいませんが、集団予防の注射針の使いまわしが原因ともいわれていますが、確かに昔は予防接種の注射針を無造作に捨てられていました。

それでよく遊んでいた覚えがあります。そんな予防接種でB型肝炎になった方にとっては悪い思い出にしかありません。現在も治療中であれば治療費用もかかります。

そうなると少しでも早く、少しでも多くの給付金をと思うのが普通でしょう。ではそのような給付金を勝ち取ってくれる弁護士を探す必要があります。

それには実績の件数だけではなく、B型肝炎訴訟に詳しくて本当に親身になって相談に乗ってくれるか?が大事です。

B型肝炎訴訟や給付金請求の件数や総金額は大きな事務所が強いのに決まっているが、大事なのは自分のB型肝炎給付金をより多く、正当に勝ち取ってくれるかなのです。

そこに注視をして弁護士を探してはどうでしょうか?きっとあなたにあった弁護士が見つかるはずです。

弁護団を選んでB型肝炎訴訟を相談

どの弁護士にB型肝炎訴訟の相談をすればいいか分からないという時には、弁護団を選択する事もできます。B型肝炎訴訟の相談を弁護団に行うと、弁護士が対応してくれます。

手続きを行う時間がない人や、やり方がわからなくても、B型肝炎訴訟の相談を弁護団に行うと、自分の抱えている問題を解決する事ができるでしょう。

B型肝炎訴訟を弁護団に相談すると、担当となる弁護士が決定する事になりますが、基本的には法律事務所に依頼するのと変わりはありません。

法律事務所であれば、ネット検索して自分の街で探すなど手間がかかる事もありますが、弁護団を選んでB型肝炎訴訟を相談すると、連絡先を調べるのみです。

メニュー

HOME 肝炎訴訟 B型肝炎訴訟 B型肝炎給付金 B型肝炎訴訟費用 B型肝炎訴訟弁護士 B型肝炎給付金 大阪 肝炎給付金

"B型肝炎原因と訴訟"では、B型肝炎給付金を受け取るために起こすB型肝炎訴訟についてや大阪の弁護士や法律事務所のサポートについてもご紹介しています。当サイトへのお問い合わせはこちらのページから。ご依頼や相談の詳細については大阪の弁護士へ。

ページトップへ戻る

copyright©B型肝炎原因と訴訟.All Rights Reserved.